【PR】

QuQuMo
「お持ちの請求書」を最短2時間でスピーディに現金化する売掛金買取サービスです
他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


QuQuMo(ククモ)


メンターキャピタル
赤字・債務超過・個人事業・税金滞納でもOK!・審査通過率92%
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


メンターキャピタル


CoolPay(クールペイ)
請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ!!お手元の法人宛の請求書を最短60分で現金化できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


CoolPay(クールペイ)


チョウタツ王
30万円〜最大1億円まで対応!
売掛金の売却査定を複数企業へ一括見積もり出来る一括査定サービスです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


チョウタツ王


資金調達プロ
10秒で完了!カンタン無料診断で、今いくら資金調達できるかすぐに分かる無料診断フォームを公開中です!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


資金調達プロ






【PR】


来店不要で原則無担保無保証
即日ご融資可能な
事業者向けビジネスローン

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


AGビジネスサポート



GMOあおぞらネット銀行の
融資枠型ビジネスローン
【あんしんワイド】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あんしんワイド

 

最大1億円まで融資可能!
審査は最短60分
来店不要で全国即日OK

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アクトウィル

 

他社で借り入れ中でもご利用OK
最短即日でのお振込
大口の融資可能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ファンドワン

 

「5年後10年後どれくらい上がるのか」日銀が“マイナス金利”解除へ、異次元緩和との決別の意味は?【news23】|TBS NEWS DIG

日本銀行は19日の金融政策決定会合で「マイナス金利の解除」に踏み切る見通しです。金利の引き上げは実に17年ぶりとなりますが、住宅ローンの金利はどれくらい上がるのか?私たちの生活にはどのような影響がでるのでしょうか?

■マイナス金利解除へ 住宅ローンいくら上がる?

18日、都内の住宅展示場では平日にもかかわらず多くの人が訪れていました。

40代会社員
「いままで賃貸だったので、毎月払っている家賃はもったいないなって。家を購入して自分のものにした方がいいかなと購入に踏み切りましたね」

夢のマイホーム選びに胸が躍る一方で、気にしていたのが…

40代会社員
「(ローンの)金利が高くなると不安な面もある」

住宅ローンの金利です。

住宅ローンを組む際には「固定」と「変動」を選ぶことができます。

現在、固定金利は約1.84%。変動金利は約0.37%となっています。固定金利は返済が終わるまで変わらないのが特徴です。

一方、変動金利は金利が上昇する可能性がありますが、固定金利より金利が低いのが魅力で7割以上の人が変動金利を選んでいます。

ただ、その変動金利が上昇する可能性が出てきています。

19日、日銀が長年続けてきたマイナス金利の解除に踏み切る見通しだからです。利上げとなれば17年ぶりですが、なぜこのタイミングなのか?

日銀・植田和男総裁(3月13日)
「春季労使交渉の動向は大きなポイント」

背景にあるのが先週、連合が発表した春闘の数字です。

賃上げ率は、現時点で2023年の3.8%(1次集計)を大幅に上回る5.28%(1次集計)という記録的な水準となりました。

日銀が政策転換するための条件としていた“賃金と物価の好循環”が整った形です。

こうした中、先ほどの住宅展示場では今後の金利上昇に不安の声も…

男性(変動金利で購入予定)
「変動も5年で一気に上がることはないと思うが、5年後10年後と考えた時にどのくらい上がるのかは心配」

変動ではなく、あえて金利が高い“固定型ローン”を選ぶ人も。

男性(固定型ローンを検討)
「金利が上がるのなら、固定で長期で、できるだけローンを組みたい」

実際に日銀のマイナス金利解除で住宅ローンの返済にどれほど影響が出るのでしょうか?

ニッセイ基礎研究所 福本勇樹金融調査室長
「日銀が今後、ゼロ金利政策に移行した後に利上げしますということになってくれば、利上げ幅分だけ金利も上がって、既存の借り手の方にも影響が出てくる」

福本氏の試算によると、例えば住宅ローン(35年返済)で4000万円を借りた場合、金利が0.1%上がると月々の支払いは1700円ほど上がり、総額では70万ほど増えるといいます。

今後、物価と賃金上昇の好循環が続いた場合には、さらなる金利上昇の可能性を指摘します。

ニッセイ基礎研究所 福本勇樹金融調査室長
「今年1年間の間に最大で0.5%ぐらいの金利上昇があってもおかしくないぐらいの気持ちで、家計としては備えていただく」

金利が0.5%上がる場合は月々で8700円、総額で356万円ほど増えるため、備えが必要だといいます。

■「マイナス金利解除」へ 生活にどう影響?

藤森祥平キャスター:
なぜいま、金融政策を大転換する見通しなのでしょうか。

日銀の黒田総裁は、2013年から“異次元の金融緩和”を進めましたが、円安による物価高、マンション価格の高騰、国の借金が増える、といった“副作用”もありました。

その金融政策を是正しようと、2023年就任にした植田総裁は、大幅な賃上げ率などを受けて19日、マイナス金利の解除に踏み切る見通しです。これが金融政策の正常化への第一歩と捉えているようなんです。

小川彩佳キャスター:
そもそもマイナス金利政策についてはどうご覧になっていましたか?

東京大学准教授 斎藤幸平さん:
インフレで各国の中央銀行は利上げをしていく中で、日本はそれがずっとできずに円安が進んで、インフレも進んでしまったという状況があったわけですよね。そういう意味で異常な低金利状態が長期間に渡って続いてきたことが、振り返ってみれば経済の停滞をむしろ長引かせていたのではないかという負の側面が感じられることが多くなってきたと思うんですよね。

そういう中で私が今注目しているのは、実際にゼロ金利が解除される場合に、ゼロ金利をもたらしてきた原因であるアベノミクスに対する総括が行われるのかどうか。様々な副作用を含めて、このタイミングで転換するときに、どう振り返って反省点を出すのかなど含めて見ていきたいなと思います。

■“異次元緩和”からの決別 本気度は?

藤森祥平キャスター:
「マイナス金利の解除」で何が変わるのでしょうか。

例えば、メリットは「預金の利息が増える」。
一方、デメリットは、「住宅や車のローンを組む時の金利が上がる」などがあります。

本来はマイナス金利を解除すると日米の金利の差が縮まるので円高に繋がりますが、いまも円安は変わりません。

そして、金利をあげるとお金が借りづらくなるので、景気が冷え株価が下…()

▼TBS NEWS DIG 公式サイト 

▼チャンネル登録をお願いします!

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」

#ニュース #news #TBS #newsdig

タイトルとURLをコピーしました